ブックメーカーは日本で利用しても大丈夫?それとも違法?

ブックメーカーは日本で利用しても大丈夫?それとも違法?

日本でも徐々にですが、確実に名前が知れ渡ってきているブックメーカーはインターネットを通じて24時間いつでもどこでもスポーツベッディングを行うことが出来ます。

ただスポーツ観戦するよりも圧倒的に盛り上がりますし、自分がひいきにしているチームや個人を応援する意味合いを兼ねてブックメーカーでベッドをしても良いと思います。

海外のスポーツだけではなくて日本のスポーツでも賭ける事ができます。

またスポーツの枠に限らず政治などの経済、ミスワールドコンテスト、天気など賭けられるものには何でも賭けることが出来ます。

しかし、興味があっても利用できない点として日本は賭博法がありますよね。

それによって日本でブックメーカーを利用した場合って賭博法に当たるのではないか?って思ってしまうかもしれません。

その不安から利用できないと言う人もいるので最初に結論から言います。

ブックメーカーは違法ではありません。

それを頭に入れて法律のことを紹介していきます。

ブックメーカーはライセンス制

ブックメーカーはライセンス制度が設けられています。このライセンス制度はブックメーカーを運営をしても良いと許可されている国や領・島などに申請をして厳しいチェックを受けて運営許可が政府から発行されます。

これは申請をして手数料を払えば簡単に認可されるものではありません。

特にブックメーカーの本場イギリスやマルタ共和国などでは非常に厳しい審査が設けられており、簡単には認可されません。

取得難易度が高くてライセンスを取得できているのは一流の上場企業だったり、スポーツ振興に大きく関わってきている一流企業でないと難しいと言われています。

比較的取得難易度が難しくないとは言われているフィリピンやオランダのキュラソー領などでも審査されるので、悪徳業者が運営が出来るものではありません。

中には無認可で営業をしているサイトもあると言われていますが、そういった悪徳業者は日本語対応になっていないですし、日本人スタッフを雇ってサポートしていません。

ライセンスを取得していて、さらに日本語されていて、日本人スタッフを雇っているという会社は安心して利用することが出来ます。

ライセンス制度を設けていることによって安全性が確保されましたし、そもそも世界に名だたる大手企業に対して違反かどうかを言われるいわれはないのです。信頼できる企業が運営をしているということを頭に入れてほしいと思います。

日本で利用しても大丈夫なのか?

日本の法律では賭博は禁止されているためブックメーカーを利用したら逮捕されてしまうのではないかって不安があると思います。

まず最初に言っておきたいですが、ブックメーカーで逮捕者がこれまでに出たことはありません。

ブックメーカーとインターネットで検索したら沢山の情報が出回っていて、さらにブックメーカーの収支をネット上で公開しているブロガーなどもいますよね。調べればいくらでも出てくる状況なのにも逮捕者は出ていません。

ではなぜなのか?といったらブックメーカーは日本で運営されているわけではないからです。

日本で運営されていた場合は真っ先に逮捕されてしまうかもしれませんが、海外でブックメーカーを運営をしても良いという許可を得て運営されています。

そして賭博法では簡単に説明をするとあくまでも日本での運営をしているサービスを利用した場合に限り適応されるもので、海外で行われているギャンブルに参加することを規制する法律は無いのです。

簡単に言うと日本人が海外のカジノ場でギャンブルをしても罰せられないのと同じ理由です。

つまり、法律がないため罰することができないと言うことでもあります。

また、さらに言うと海外のインターネットサービスを利用する際は海外の法律が適用されることが多いです。

そのため日本にいながらブックメーカーを利用しても問題ないとされています。

例えば今後、”海外のギャンブルのインターネットサービスを利用することを禁ずる”みたいな法律が出来たらそれは法律違反になってしまいますが、現状では法律が無いわけですので利用しても問題ありません。

まとめ

ブックメーカーはまず世界が名だたる一流企業が運営をしており、ライセンス制度を設けています。

さらにライセンスを取得した後も常に不正がないか監査する人がいて、不正を働かないように見張っているわけです。

常に公平な運営が求められています。

例えば今現在の法律が当てはまらない状況をよくグレーゾーンという人もいますが、このグレーゾーンって言い方だと危険な綱渡りをしているような印象を受けますよね。

個人的にはこのグレーゾーンという表現は違うのではないかと思います。

そもそもブックメーカーは別に法律違反をして日本向けのサービスを展開しているわけでもありませんし、もし違反なのであればもはや日本から撤退していることでしょう。

またこれから先法律が変わる可能性はゼロではないですが、現状では変わらない可能性のほうが圧倒的に高いと思います。

ブックメーカーは違法ではないと言うことを理解していただけたかと思います。